増毛剤はハゲ隠し・植毛手術隠しにおすすめ

植毛手術をバレずに受けるためには植毛をしたことを自然に隠すことも重要です。隠すためには時間の経過が必要ですが、どうしても髪が伸び、生え揃うまでには一定の期間が必要になります。

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)と呼ばれるサイクルがあり、移植毛は移植後一旦抜け落ち、休止期に入ったあとで自然なサイクルへ戻ったあとに生え始めます。

そのため、休止期から成長期に移るまでの約2ヶ月前後の期間がどうしても効果が見えにくい時期です。さらに植毛の場合、移植毛が眠っているだけでなく、移植により移植部周りの既存毛が施術の影響を受け、一時的に脱毛が起こる「ショックロス」という症状もあります。

ショックロスの詳しい原因については未だ解明されていません。一部では低出力レーザーを照射することでショックロスを防いだり、移植毛の発毛・育毛を促進する効果が報告されていますが、どうしても植毛後は一時的に植毛前よりも薄毛が進行したように感じてしまうケースがあります。

この間をどう乗り切るのかですが、この間の薄毛隠しに最適なのが増毛剤です。

増毛剤はハゲ隠しに最適

増毛剤はふりかけとも言われる髪の毛に、髪の毛に似せた繊維や染料をふりかけることで髪の薄さをカバーするアイテムです。長期的に薄毛対策として使うにはランニングコストがかかりますが、植毛など、今後生えてくることがわかっている場合などには一時的なハゲ隠しに最適なアイテムです。

増毛剤にも繊維などの滲まないタイプや染料の滲むタイプなど使い勝手や使い方は様々です。
色々なタイプの増毛剤が各メーカーから販売されており、カラーも様々です。

安いものは数千円から購入できるので植毛後のハゲ隠し・薄毛隠しのアイテムとして髪が生え揃うまでの一定期間の使用を検討してみることをおすすめします。

増毛剤は使ってみるとわかるのですが、著しく進行した薄毛でない限りは非常に使い勝手がいいアイテムです。長期的な使用はコストもかかり大変ですが、短期的な使用には使い勝手が良いので植毛のバレ対策としてぜひ試してみて下さい。植毛手術前に準備しておきたいアイテムとも言えます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ